ワンダーメガ2
1993年7/2発売 発売元 日本ビクター 価格59800円

コントローラーがワイアレス

ワンダーメガ2(WM2)は1992年に発売されたWM1の後継機種です。

MIDI機能が削除され価格が下げられた事と最大の特徴のワイアレスパッドを標準装備、S映像端子も標準装備等、MD互換機としてはかなりの装備を持っています。
ココではその数々を検証していきましょう。


最大の長所でもあり短所

2P時はこのようになります

WM2の最大の特徴のこのコントローラー、使い勝手はさほど悪くなく、軽い十字キーがいい感じです。

コントローラーの中央に1P/2Pの切り替えスイッチが付いています、コントローラー自身を1P/2P切り替えるのではなくコントローラーに2P用の端子が付いていて、そこにワイアードのコントローラーを繋ぐことによって2人同時PLAYを実行します。2P使用時は電池の消耗が激しいらしく、通常は1Pにしておくらしいです。ワイアレスパッドの特性として、ゲームに熱中すると、突然コントロールが効かなくなります、そんな時には慌てずに受光部を探しましょう(笑)、ワイアレスに馴染めない人もコントローラー端子は装備しているので安心して下さい。

もう一つおまけとして、パッドで本体の電源のON/OFF、リセット等を行うことが出来ます。ソフトさえ挿してしまえばあとは動かなくてもOKですね。

S端子が標準装備

S端子に、コントローラー端子
メガドライブの弱点と言えば、ビデオ出力の滲んだ映像とシオシオの音声ですが、その弱点を克服しています。S端子で出力される映像は同じゲームとは思えないほどの違いを見せてくれるでしょう。
通常のMD1/2でもS映像化は可能ですが、サンタ製のS端子ユニットを使用したり、電波新聞社のXMDシリーズを使用したりと、本体だけでは出来ないのが悲しいですね。RGB接続にはかないませんが、S映像化はかなり違いがありますので皆さんお試しを。
音声もイケてます

マイク、ヘッドホン端子です

音声もMD互換機の中ではトップクラスです。音声出力もかなりクリアな方でノイジーなMD2とは比較になりません。CDG用のカラオケソフトの使用を前提にマイク端子も二個標準装備!MCDカラオケと同じくエコー調整は装備していますが、キーコントロール機能はありません(泣)

まあわざわざWM2でカラオケをやろうとは思いませんがね(笑)

一体型としては

まだ、改造していません(^^;;

WM1からMIDI端子等を取り去り、コストダウンを計った本体ですが私はかなり好きな本体です。唯一の欠点をあげるとすればそのままでは32Xが使えないと言うことだけですね。まだ(99/4現在)32X対応改造は行っているらしいので私も早く改造しようと思ってます。一体型としては究極のマルチメガと言う機種がありますが、入手の点から言っても一体型の機種としてはオススメの本体です。

これからMDを始める方、32Xは持ってない人等にはオススメしたい本体ですね。(入手はやっぱ難しいですが・・・)


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット